Company Profile

会社概要

理念

昨今の社会を取り巻く事業環境を思い浮かべますと、今はずいぶんと難しい時期を迎えていると感じています。10年後の市場はテクノロジーが益々発達し、世の中も今の自分達では想像もつかない位多様化していると思われます。そんな中でも私たちはテクノロジーに使われるのでは無く、使いこなさなくてはなりません。多様化する、世の中に対応していくのにどういった性質が必要でしょうか?「鋼のような強さ」でしょうか?私はそうは思いません。多様化する時代にも対応出来る「しなやかさ」ではないかと思います。確かに新しい事に踏み出すのは勇気がいると思います。勿論踏み出したとしても思うような結果が得られないかもしれません。 しかし踏み出さなければ結果を得る事も出来ません。
一歩踏み出し、多様化する市場をしなやかに泳いでゆきたい。その様に考えます。

企業理念

私達は人々の生活を支えるライフラインとして、
地域の皆様が快適に暮してゆける未来を築きます。

株式会社荒木は昭和2年に南麻布で創業しました。
当時の南麻布は町工場と田畑が広がる地で、創業者の荒木敬明夫婦は、機械油の販売とリヤカーでの菜種油の引き売りを始めたのが当社の始まりでした。

そんな荒木敬明の志である「ライフラインとして人々の生活を支える役割」を創業90年を過ぎた今も、頑なに守り続けております。
時代と共にエネルギーの形は変わってゆくかもしれませんが、エネルギーの安定的な供給無くして人々の生活を守る事は出来ません。
株式会社荒木はこれからも創業者荒木敬明の志と共に、地域密着の活動を続けて参ります。

経営理念

多様化する時代に対応してゆく失敗を恐れず一歩を踏み出す

昨今の社会を取り巻く事業環境はテクノロジーが益々発達し、世の中も益々多様化が進んでおります。そんな中でも私たちはテクノロジーに使われるのでは無く、使いこなさなくてはなりません。時代の流れを敏感にキャッチして、多様化する時代にしなやかに対応してゆく必要があります。そして新しい事に踏み出すのは失敗を恐れず勇気をもって一歩踏み出す必要があります。踏み出したとしても思うような結果が得られないかもしれません。しかし踏み出さなければ結果を得る事も出来ません。

行動理念

「 親切・丁寧・安全 」

親切:相手の年齢や立場に関係無く、誠実に相手を尊重する事

人間は生まれた時から1人では生きる事は出来ません。必ず周りに支えてくれる人がいるから今も生きていけています。そして私達自身も誰かに親切にしてもらっているので感謝の心を持ち続けていたいです。組織としてチームワークで成果を出す為には、互いを思いやり、尊重し認め合い、共感できる心を持つ必要があります。自分に対しても相手に対しても誠実である事で組織の中で信頼関係を築く事が出来ます。

丁寧:丁寧に仕事に取り組み、丁寧に人に接する。

組織の一員として仕事をするので丁寧な仕事や立振舞いが求められます。丁寧な仕事や立振舞いが出来る為には自分を磨いくしかありません。常に自分を高めようと心掛けてください。本やネットから情報を吸収する、「あんな人になりたいな」というお手本になる人を見つける、研修を受ける、方法は色々あると思います。当事者意識を持って昨日より今日、今日より明日と、少しずつでかまいません。自分を磨き魅力あふれる人になればおのずと何事も丁寧にこなせる様になります。そして丁寧な仕事から達成出来る事で自信と意欲の向上に繋がります。

安全:安全は全てにおいての根幹にあたる

どんなに素晴らしい商品やサービスをお客様に提供出来たとしても、安全が伴ってなければ、この時点で全てが無意味な物になってしまいます。コンプライアンスを遵守し、安心・安全な施策を実施する事は、会社経営の根幹にあると考えます。職場で掲げている「コンプライアンス啓発5ケ条」を1人1人が常に意識して、社会に誇れる職場を作ってゆきます。

会社概要

会社名 株式会社 荒木
代表取締役社長 荒木敬一
所在地 【本社】
〒106-0047 東京都港区南麻布2-2-9
TEL 03-3454-0011(代)
FAX 03-3454-0021
事業内容 ENEOS系サービスステーションの経営
燃料油の販売・卸(ガソリン・軽油・灯油・重油)
潤滑油・グリースの販売
アドブルーの販売
自動車整備・車検事業
洗車・カーコーティング事業
自動車の買取り・販売
レンタカー事業
カーリース事業
損害保険代理店業務
でんき販売代理店業務
駐車場賃貸業務
マンションの賃貸
リサイクル石鹸の販売
創業 昭和2年4月
設立 昭和19年9月
資本金 25,200,000円
年商 6,379,120,193円(令和4年度実績)
従業員数 社員36名・総人数83名
主要取引先 京王電鉄バス株式会社
西東京バス株式会社
京王電鉄株式会社
京王グループ各社
ENEOS株式会社
ENEOSトレーティング株式会社
伊藤忠エネクス株式会社
取引銀行 りそな銀行 麻布支店
三菱UFJ  銀行 麻布支店
みずほ銀行 麻布支店
三井住友銀行 六本木支店
関連会社 日京運輸株式会社
古物商営業許可番号 東京都公安委員会 第30111008829号

役員一覧

代表取締役社長 荒木 敬一
(社務総括)
代表取締役副社長 荒木 敬大
(全部門統括・事業戦略・マーケティング・財務・総務・情報開示・コンプライアンス担当)
取締役 山﨑 浩二
(リテール販売本部長・直売営業部長)
取締役 松山 学
(経営企画部長)
監査役 荒木 千枝子

会社沿革

昭和2年4月 創業者荒木敬明が荒木敬明商店として石油製品油脂卸売りを目的とし、愛国石油(株)、日清製油(株)の特約店として発足。
昭和19年9月 戦時統制時代に入り、石油配給統制株式会社の創立により、有限会社麻布石油配給所を設立。旧渋谷、麻布区の配給業務に従事。
昭和22年 石油配給業務が民営に戻り、石油配給公団の設立と共に同公団の特約店となり、名称を株式会社荒木商店と組織変更。
昭和24年 石油配給公団の解散に伴い、日本石油株式会社(現、ENEOS株式会社)特約店となる。
昭和24年9月 麻布給油所 開所。
昭和30年10月 目黒給油所 開所。
昭和31年7月 滝野川給油所 開所。
昭和37年1月 府中給油所 開所。
昭和37年3月 柿ノ木坂給油所 開所。
昭和37年 社業の発展により、運輸部門を分離、日京運輸株式会社を設立。
昭和40年 石油液化ガスの販売増加により、日本石油瓦斯株式会社の特約店となる。
昭和41年 損害保険業務を開始。東京海上火災保険株式会社(現、東京海上日動火災保険株式会社)、三井海上火災保険株式会社、朝日火災海上保険株式会社代理店となる。
昭和42年1月 八王子駅前給油所 開所。
昭和42年6月 神田錦町給油所 開所。
昭和44年4月 首都高速道路通行回数券の指定販売店となる。
昭和56年1月 給油所会計業務の省力化のためにPOS(電算処理機)を導入。
昭和60年6月 本社及び全給油所をオンライン化し、システムアップを計る。
昭和61年12月 CI導入により社名を株式会社荒木と名称変更。代表取締役専務荒木敬一が代表取締役社長に就任。
平成元年7月 八王子給油所 移転開所。
平成6年9月 葛西物流センター 開所。
平成7年4月 Arakiss町田 開所。
平成10年5月 環境にやさしいCNG麻布エコステーション 開所。
平成11年4月 元売である日本石油株式会社が三菱石油株式会社を合併し、日石三菱株式会社に商号変更。日石三菱株式会社特約店となる。
平成13年11月 東葛西にマンション(ARAKISSPLAZA)を建設。
平成14年6月 元売である日石三菱株式会社が新日本石油株式会社に商号変更。新日本石油株式会社特約店となる。
平成15年11月 本社にサーバーを導入。SSには新しいERIXシステムを導入。WebやメールによりIT化を実現。
平成19年6月 滝野川給油所・八王子給油所が車検・洗車の店として「Dr. Drive店」となる。
平成21年10月 DOGWOOD南麻布を建設。
平成22年5月 麻布給油所・府中給油所にてレンタカー事業を開始。
平成22年7月 元売である新日本石油株式会社がJOMOブランドの株式会社ジャパンエナジー及び新日本石油精製株式会社と合併し、JX日鉱日石エネルギー株式会社に商号変更。JX日鉱日石エネルギー株式会社特約店となる。
平成22年10月 古物商営業許可証を取得。自動車の買取り・販売を始める。
平成22年11月 八王子給油所(現、Dr. Driveセルフ八王子SS)にてレンタカー事業を開始。
平成23年3月 東日本大震災に見舞われ、インフラへの燃料供給に錯綜する。
平成23年4月 東日本大震災の影響を受けつつDr. Driveセルフ八王子SS 移転開所。300坪のSSから800坪の都内最大級のSSに様変わりする。
平成25年3月 Dr. Driveセルフ滝野川SS リニューアル開所。
平成26年4月 Dr. Driveセルフ石神井SS 開所。
平成26年8月 Dr. Driveセルフ石神井SSにてレンタカー事業を開始。
平成26年9月 生命保険募集業務を開始。東京海上日動あんしん生命保険株式会社代理店となる。
平成28年1月 元売であるJX日鉱日石エネルギー株式会社がJXエネルギー株式会社に商号変更。JXエネルギー株式会社特約店となる。
平成28年4月 でんき販売取扱代理店業務を開始。「ENEOSでんき」取扱代理店となる。
平成29年1月 Dr. Driveセルフ府中SS 開所。
平成29年4月 元売であるJXエネルギー株式会社が東燃ゼネラル石油株式会社と合併し、JXTGエネルギー株式会社に商号変更。JXTGエネルギー株式会社特約店となる。
平成30年8月 事業用電気取扱代理店業務を開始。「ENEOS高圧電気」取扱代理店となる。
平成30年10月 元売が新しいSS形態である「Enejet」ブランドをスタートさせる。
令和元年8月 「Dr. Driveセルフ八王子SS」「Dr. Driveセルフ府中SS」をENEOS系では初となる「Enejet」に改装しリニューアルオープンする。
令和元年10月 「Dr. Driveセルフ滝野川SS」「Dr. Driveセルフ石神井SS」を「Enejet」に改装しリニューアルオープンする。
令和2年4月 「Dr. Driveセルフ高幡不動SS」を他の運営会社から引継ぎリニューアルオープンする。
令和2年5月 新型コロナウイルスの猛威により、政府から初の緊急事態宣言が発令される。以後、コロナ禍での事業展開を余儀無くされる。
令和2年6月 元売のJXTGエネルギー株式会社がENEOS株式会社に商号変更。ENEOS株式会社特約店となる。
令和2年7月 麻布給油所 閉所。70年の歴史に幕を閉じる。
令和2年10月 麻布CNGエコステーション 閉所。
令和2年11月 SSにおいてLINE会員システムを導入。
令和3年1月 麻布給油所の跡地で、コインパーキングと月極駐車場を始める。
令和3年7月 DDセルフ石神井SSにてカーリース事業を開始する。
令和3年8月 役員の改選が行われる。専務取締役荒木敬大が代表取締役副社長に就任。代表取締役社長荒木敬一との2人代表体制となる。
令和4年4月 DDセルフ八王子SSにてカーリース事業を開始する。
令和4年7月 ENEOSアプリの取扱いを開始。
令和5年8月 DDセルフ八王子SS・DDセルフ高幡不動SSにて中古販売を開始。
令和6年3月 府中SS 閉所
府中市緑町での62年間の営業に幕を閉じる
令和6年5月 DDセルフ府中SSにて中古車販売開始。

4つの部門と組織図

株式会社荒木という会社がどういう組織で構成されているのか?
どういう商品やサービスを扱っているのか?などをお伝えします。

SS事業部

ENEOSのガソリンスタンドを運営する部門で、最も人数の多い部門になります。都内に6店舗の直営店があります。会社の行動理念である「親切・丁寧・安全」を胸に、お客様が快適なカーライフを送れる様、サポートします。高品質の技術とサービスで地域に貢献してゆく事を誓います。
詳しくは「サービスステーション」のページをご覧ください。

直売営業部

法人営業を通じて「最高の商品」と「最高のサービス」をお客様にお届けする事がモットーです。 石油製品全般にわたる販売活動から環境対策。また、損害保険と生命保険を活用した、安心できる社内環境づくりのお手伝いと、日々進化し多様化していくお客様のニーズに答えられるよう努力しています。
詳しくは「法人営業」のページをご覧ください。

経営企画部

唯一の管理部門。チームワークを重視しながら様々な部門を支援しております。

運輸事業部(日京運輸株式会社)

8KL車から20KL車までのタンクローリーを揃えており、都内全域を中心にお客様が運営する各地のサービスステーション、バス営業所、運送会社等に燃料油を配送しております。熟達した弊社のドライバーが、エコドライブと徹底した品質管理で、お客様の信頼を、安全・確実・丁寧に運ばせて頂いております。
詳しくは「日京運輸株式会社」のサイトをご覧ください。